クレジットカードの還元率の計算方法は

クレジットカードの利点と言えば、カードで買い物をした場合にポイントが付くことです。このポイントは何に使えるのか、どれくらいの価値があるのか、クレジットカード会社ごとに異なるので、なかなか分かりにくいものです。クレジットカードを使っている人の中には、ポイントにあまり関心を払っていないという人もいるようです。ポイントは金銭的価値と交換できるものですので、無駄にしないで使いたいものです。クレジットカードの使い方によって、ポイント活用の幅は広いですから、賢く使っていくようにしましょう。ポイントを金銭価値に換算した場合、クレジットカードで買い物をした時にどのくらいの割合でポイントが入るのかは、還元率という表現を使っています。説明では分かりにくいものなので、具体例を挙げて、クレジットカードの還元率について計算してみます。クレジットカードで1000円の買い物をした時に1ポイントが貯まるとします。クレジットカードの還元率を知るには、前提として、ポイントをお金に直す時の割合を知る必要があります。1ポイントが10円分なのか、1円分なのかで、クレジットカードの還元率は大きく異なってきます。例えば、500円分の商品券と交換するためには100ポイント必要だという時には、1ポイント=5円と考えます。この場合、1000円の買い物をすると1ポイントつき、その1ポイントが5円に相当するため、還元率は0.5%になるわけです。
http://xn--navi-fm4ckb4jseohd9grey387j8q7b.com/